一般社団法人日本ベンチャーキャピタル協会

English

JVCA主催

終了

会員限定

※VC・CVC会員限定※ 第5回ナレッジ勉強会 「VC新時代における投資契約(資本政策)の留意点」~異なる投資家属性間の調整、追加ラウンド対応~

アーク森ビル3階 KaleidoWorks内ラウンジ「Crossover Lounge」Googleマップ

日時

2017年1月18日 (水)
16:00 – 18:00 <勉強会> 
18:00 – 19:00 <ティー懇親会>

プログラム

■【講演】16:00-17:00 (60分)
「VC新時代における投資契約(資本政策)の留意点」~異なる投資家属性間の調整、追加ラウンド対応~
後藤勝也先生 (JVCA顧問/ AZX Professionals Group パートナー CEO 弁護士)

■【パネルディスカッション】17:00-18:00(60分)
「実際の投資事例に見られる投資契約上の論点 (その解決策・回避策)」
パネリスト
五嶋一人氏(JVCA VCナレッジ部会委員/株式会社iSGSインベストメントワークス 代表パートナー)
丸山 聡氏(JVCA VCナレッジ部会委員/ベンチャーユナイテッド株式会社 キャピタリスト)
後藤勝也先生
モデレーター
平野清久氏(JVCA VCナレッジ部会部会長/株式会社大和企業投資 取締役)

■【ティー懇親会】18:00-19:00

開催趣旨

第5回を迎えるJVCAナレッジ勉強会では「VC新時代における投資契約(資本政策)の留意点~異なる投資家属性間の調整、追加ラウンド対応~」を開催いたします。ベンチャー投資が盛り上がるなか、資金の出し手としてはVCの他に、事業会社、個人投資家(エンジェル)と異なる属性のプレイヤーが増加してきました。目的、投資スタイルが異なる投資家が一つの投資案件に同居することで、今までにないリスクが生まれてきています。さらにベンチャー投資の活況が数年におよんできたことで追加投資などのケースが増え、資本政策等において、より多くの点を考慮する必要が出てきています。
以上のような点を鑑み、今回の勉強会では投資契約、資本政策において対発行会社、対経営者よりも他の投資家等との関係にスポットを当て、実例を踏まえた議論を進めていきます。

講師には、ベンチャー企業に対する法務アドバイスに特化されているAZX Professionals GroupパートナーCEO 弁護士 後藤先生を再びお招きし、ベンチャー投資における投資契約に関する投資家属性間の調整・追加ラウンド対応についての注意点などを講演して頂きます。

その後のパネルディスカッションでは、株式会社iSGSインベストメントワークス 代表パートナー 五嶋氏(JVCA VCナレッジ部会委員)、ベンチャーユナイテッド株式会社 丸山氏(同)に加わっていただき、実例を交えたより踏み込んだ議論を進めてまいります。なお、パネルディスカッションのモデレーターはJVCA VCナレッジ部会長の平野清久氏(大和企業投資株式会社 取締役)が務めます。

本勉強会では、キャピタリストとしてのさらなる知識向上の機会となりますので、奮ってご参加ください!

定員

VC/CVC会員限定:40名(1社:1名)
※満席となり次第、締め切らせていただきますのでご了承ください
※会場の関係、VC / CVC会員1社1名(理事監事は含まず)のお申込みをお願いいたします

参加費

無料

連絡先

日本ベンチャーキャピタル協会 事務局 03-5114-6667
一般的なお問合せ等はメールにてお願いをいたします info@jvca.jp

本セミナーは終了しました。

申し込みはこちら