一般社団法人日本ベンチャーキャピタル協会

English

JVCA主催

終了

削除削除・・ ベンチャー企業の申し込み JNB/JVCA共催 Connect!(招待制イベント)

バルコニー レストラン&バー(六本木一丁目)アクセスGoogleマップ

  • 削除削除・・ ベンチャー企業の申し込み JNB/JVCA共催 Connect!(招待制イベント)
  • 削除削除・・ ベンチャー企業の申し込み JNB/JVCA共催 Connect!(招待制イベント)

JNB/JVCA共催 Connect!   ~トップキャピタリスト集合! 国内スタートアップ・ベンチャーすべてと接点を繋ぐConnect!~

■イベント主旨
国内のベンチャー投資が急増している昨今。以前より、大手企業、ベンチャーキャピタル、ベンチャー企業の交流を促し、業務提携、資本提携、M&Aなど連携のきっかけを作ることで我が国のベンチャー創出のエコシステムのうねりを起こし、国内経済の活性化、雇用創出に貢献するために企画されたネットワーキングイベント「Connect!」。
ご好評につき、昨年に続き今年度2016年もJVCAと日本ニュービジネス協議会連合会(JNB)様と共催で招待制イベントを開催致します。

今回はJVCA理事会社を中心にご案内をさせていただいております。

皆様のご参加をお待ちしております!

■日時:2016年10月13日(木) 18:00-20:30 (受付開始17:30)

■募集概要
・JVCA  VC会員・CVC会員・理事・関係者 先着30名  ※各社2~3名ご参加いただけます
・大企業と連携を思考する厳選されたベンチャー企業(経営者)  先着30名 ※ベンチャー企業(経営者)に幅広くお声がけください!

・大手企業、上場大手ベンチャーの事業開発や投資・M&Aを担当する部署、オープンイノベーション部署に所属する方々が60名程度
※参加対象者を限定した招待制のイベントです。

■参加費:5,000円(現地払い)

■場所:バルコニー レストラン&バー(六本木一丁目)
〒106-6003 東京都港区六本木 1-6-1 泉ガーデンタワー 3階
03-3560-5013 http://www.balcony-rb.com/access/

プログラム

■プログラム内容
①パネルディスカッション:「CVCの取り組みについて」
パネリスト
・株式会社iSGSインベストメントワークス
代表パートナー 菅原 敬 氏
・セールスフォース・ベンチャーズ
日本代表 浅田 慎二 氏
モデレーター
一般社団法人日本ベンチャーキャピタル協会
会長 仮屋薗 聡一 氏
②ベンチャーピッチ
大企業との連携を思考するベンチャー企業8社による約5分間のピッチ
③交流会
ワインとビールとおいしい料理もあるカジュアルな交流会

ご参考(過去のconnect!にご参加されたことのある大企業やベンチャーキャピタルはこちらです。(抜粋、順不同))

ANAホールディングス、IHI、アイリスオーヤマ、アサツーDK、旭化成、アドビシステムズ、イー・アクセス、伊藤忠商事、伊藤忠テクノソリューションズ、NECビッグローブ、NTTコミュニケーションズ、NTTドコモ、KDDI、コスモ石油、GMOインターネット、JSR、JTB法人東京、住友ゴム工業、セールスフォース・ドットコム、ソフトバンクBB、損害保険ジャパン、大日本印刷、千代田化工建設、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム、電通、電通国際情報サービス、東京急行電鉄、ニコン、日産自動車、日本コカ・コーラ、日本テレビ放送網、パソナ、パナソニック、BASFジャパン、博報堂、富士通、フジテレビジョン、ブラザー工業、フランステレコム、ベネッセコーポレーション、ベルシステム24、本田技研工業、ミクシィ、ミスミ、三菱商事、ヤフー、リクルート、リコー、DCMホールディングス、アサヒグループホールディングス、アクセンチュア、イオンモール、ウシオ電機、オートバックスセブン、沖電気工業、カシオ計算機、カルビー、キッコーマン、キヤノンマーケティングジャパン、キューピー、キングジム、きんでん、コニカミネルタホールティングス、サッポロホールディングス、Jフロントリテイリング、JCB、住友化学、住友不動産、住友林業、セイコーエプソン、セーラー万年筆、千趣会、ソニー、宝ホールディングス、凸版印刷、リクルート、オプト、ニフティ、日本生命保険、野村総合研究所、バンダイナムコホールディングス、富士重工業、富士ゼロックス、富士電機、古河電気工業、文化シヤッター、三越伊勢丹ホールティングス、三菱電機、三菱地所、村田製作所、森永製菓、リョービ、ロート製薬、京成電鉄、松屋、清水建設、日清製粉グループ本社、明電舎、リコー、LIXIL、TBSテレビ、エイベックスグループホールディングス、エスエス製薬、NECビッグロープ、NTT、NTTドコモ、NTT東日本、クアルコムジャパン、クレディセゾン、グリー、サイバーエージェント、KLab、小学館、ソニー銀行、ソフトバンク、ソフトバンクモバイル、東急リバブル、東京電力、東京放送ホールディングス、トヨタ自動車、日本IBM、日本オラクル、日本マイクロソフト、日本ユニシス、日本電気、パソナ、富士ゼロックス、富士フィルム、ミクシィ、三菱商事、三菱UFJ信託、三井不動産、楽天、リクルート、森ビル、積水化学工業、日揮、日本サムソン、日本GE、日立製作所、ヤフー、産業革新機構、クールジャパン機構、アント・キャピタルパートナーズ、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、インキュベイトキャピタルパートナーズ、インキュベイトファンド、ウエルインベストメント、NTTインベストメント・パートナーズ、グローバル・ベンチャーキャピタル、グロービス・キャピタル・パートナーズ、サイバーエージェント・ベンチャーズ、サンエイトインベストメント、サンブリッジ、Seed Technology Capital Partners、GMO Venture Partners、ジャフコ、大和企業投資、DGインキュベーション、DCM、とっとりキャピタル、日本ベンチャーキャピタル、日本アジア投資、ニューフロンティアパートナーズ、ネオステラ・キャピタル、ネクスト・ハンズオン・パートナーズ、BIGLOBEキャピタル、北海道ベンチャーキャピタル、三井住友海上キャピタル、三菱UFJキャピタル、リード・キャピタル・マネージメント、SBIインベストメント、ドコモ・イノベーションベンチャーズ、IMJ Fenox、東京大学エッジキャピタル、フューチャーベンチャーキャピタル、安田企業投資、ネオステラ・キャピタル、ニッセイ・キャピタル、三井住友海上キャピタル、グローバルブレイン、ジェイ・キャピタル・パートナーズ、グリーベンチャーズ、オリックスキャピタル、みずほキャピタル、サムライインキュベート、モバイル・インターネットキャピタル 上記に加え多数のスケーラビリティ高いサービスを展開するベンチャー企業経営者にご参加いただいています。

ピッチ登壇企業

【ベンチャーピッチ企業8社のご紹介】

・株式会社アスタリスク ※IoT スマートフォンを活用したバーコードリーダー・RFIDシステムの提供 
https://www.asx.co.jp/
代表取締役社長:鈴木 規之 氏
モバイル活用を中心とした「業務に役立てるためのソリューション」を展開。 具体的には『iPhone』、『Android』などのモバイルシステムの開発やiPhone、iPod touch装着型のバーコードリーダー『AsReader』の販売等を行っています。お客様のニーズに対し、*(アスタリスク)を使って検索するように、多くの答えを探し出し、 最適なソリューションを提案。ITを通じて多くの笑顔を創造することがアスタリスクの理念なのです。

ウェルスナビ株式会社 ※フィンテック
https://www.wealthnavi.com/aboutus
代表取締役社長:柴山 和久 氏
日々、忙しく働くあなたと世界の金融市場を、最先端のテクノロジーで直結する。WealthNaviはそのために生まれました。ただ、「資産運用」つまり金融商品への「投資」には人類の英知の結晶である法律や医療と同様、世界的な専門知識が必要不可欠です。医者や弁護士がそうであるように、WealthNaviは金融の専門知識を駆使し、何よりもお客様の利益を最優先した「世界水準のウェルス・マネジメント」を提供します。ただ資産を増やし守ることだけに、あなたの大切な「今」を費やすことがないように。あなたの貴重な「未来」が膨らみつづけるように。

・株式会社A(エイス) ※大企業の商品開発を支援するプラットフォームの提供
http://www.8ce.me/
代表取締役:山田 歩 氏  代表取締役:大川 浩基 氏
ものづくりのクラウドソーシングサービス 「Wemake」の運営。私たちは「誰もが、自分のやりたいことを得意な方法で実現する」ようにするために、「商品化したいアイデアを持った個人」が、設計/デザイン/量産設計/生産/販路開拓/販売などの自分では出来ないことをクラウドソーシングできる共創プラットフォームサービス「Wemake」を提供しています。誰もが、自分のやりたいことを得意な方法で実現する場を目指したプラットフォームです。プロとアマチュア、消費者と生産者、デザイナーとエンジニアといった様々な立場のプレーヤーたちが、フラットかつグローバルにコラボレートできる場をデザインすることにより、既存の枠組みや障害に囚われず、より多くのニーズ対応を実現できるのです。

株式会社自律制御システム研究所(ACSL) ※ドローン
http://acsl.co.jp/
取締役COO:太田 裕朗 氏
ACSL社はドローンの頭脳である「オートパイロット」を国内で唯一自社開発した国産の産業用ドローンを開発する千葉大学発ベンチャー企業です。2016年3月末に東京大学エッジキャピタル(UTEC)と楽天株式会社から出資を受け、マッキンゼー出身のCOOの参画を含めた経営拡大を進めています。ドローンは今後農業・災害調査・インフラ点検・物流等での産業用途での活用が本格化しますが、ACSL社では既に、楽天と共同で世界初のドローン配送の商用化を実現しており、日本政府の成長戦略である3年以内のドローン配送の実現を担う中核企業として大きく期待されています。今後、ACSL社では、同社の産業用ドローン・プラットフォームを軸に、各分野のパートナー企業様と連携を進め、各種用途向けの産業用ドローン・ソリューションを構築して展開することで、日本のドローン産業の創出に尽力して参ります。

株式会社BONX ※IoT 音声認識の技術を活用したウェアラブルトランシーバー
https://bonx.co/ja/
代表取締役CEO:宮坂 貴大 氏
画期的なウェアラブルトランシーバー「BONX」(ボンクス)をリリース。スノボやスキー、自転車、フィッシング、山歩きなど、グループで楽しむアウトドアスポーツ/レジャーというシーンで、離れた場所にいても仲間同士で自在にコミュニケーションが取れる新しいウェアラブルデバイスの開発に取り組んでいるベンチャー企業。

※残り3社は最終調整中

本セミナーは終了しました。

申し込みはこちら